• clinic94

GLP1ダイエットを始めてから食費は減ります。

サクセンダを注射すると、食事を腹一杯に食べたいという欲望はなくなります。

肥満男性であれば「食べ放題!」という誘い文句には一切、関心がなくなります。忘年会の時期ですが「飲み放題!」も興味がなくなります。


誰かと一緒に食事をしにいくと、他の誰かの食事の一部をわけてあげたい、という衝動に、かられます。全部は、ひとりでは食べきれないからです。ですから必然的に食費は減ることになります。うっかり1日3食、食べ忘れていた、ということも稀ではなくなります。


「1日3食、食べなくてはいけないんでしょうか?」と質問されたこともありますが、 食べるのを忘れるくらいに、食欲が低下してしまうので、そういう質問にも、答えにくくなります。1日2食で済んでしまうことも稀ではなくなるからです。


たしかに、「薬」を注射しますから、「薬代」は、かかります。1日に計算すると、1食分くらいに相当してしまうかもしれません。


ですが、1日1食分の食費が浮いたと考えて、かつ減量に成功したとするならば、他の、「なにかを制限しなくてはいけないダイエット」や「なにかをしなくてはいけないダイエット」と比較すると費用対効果は悪くはないのかもしれません。


例えば、クリスマスイブ。こういう日にケーキは食べたい欲求はでますが、その欲求を、GLP1という薬物治療で抑える、という体験は実際に体験できる人でないと共有できません。


もし、中学生くらいの男のお子さんがいたら、ぜひ、そのお子さんと一緒に「焼き肉を食べに行くときに、ママは、そんなに食べないから、お子さんに焼き肉をわけてあげちゃう。特に、ママは脂身は食べないから」、そういう会話のシチュエーションが想像できます。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食