• clinic94

飛車を中心にした「抗肥満処方」布陣

以前に、糖尿病克服宣言PROという書籍を出版しました(2012年5月)。その書籍の表紙の中に、臨床のテクニックを将棋の駒に例えて、並べてみました。よく見ると、飛車の周りには、メトフォルミンがあり、膵リパーゼ阻害剤があります。インクレチン関連薬は、この際、GLP1受容体作動薬、つまりGLP1注射製剤だとしましょう。


そう考えると、2012年、つまり7年前から、抗肥満薬、低血糖が起こらない治療を中心にした臨床の技術を中心としたTipsをためようとしていたことが解ります。GLP1の専門家となってから十分、7年以上は経っているという証拠です。


GLP1受容体作動薬は、糖尿病治療薬にもなり、それが「飛車」だと仮定すれば、相手陣に入れば、なって「竜王」になります。まるで、糖尿病治療薬(ビクトーザ)が、なって、抗肥満治療薬(サクセンダ)になるかのように。


「ヘボ将棋、王より飛車をかわいがり」と謳われるように、飛車の守りだけに腐心すると、肝心の王の守りを崩され、敗局を迎えることになるということもあります。だからなおさら、私の場合には、あくまでGLP1受容体作動薬は、糖尿病治療薬、血糖値をさげることで代謝を変える薬であることにはかわりがありません。


あと1ヶ月で2020年。するとGLP1の専門家としては8年目になります。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食