• clinic94

血糖が下がっても体重は減る。

糖尿病の治療で、パラドックスは、高血糖が解除されると、体重がふえてくるのが一般です。ですが、将来の糖尿病の新薬は、そういうパラドックスですら、なくしてくれます。血糖値がよくなっても、体重は減るのです。


そして、むかつきは6か月目くらいでなくなってくるようです。


本来なら、昔なら、HbA1cが-4%落ちれば-(例えば10%から6%にまで落ちれば)、例えば、インスリンなら体重は増えるのが普通でした。、それが肥満の悪循環を作り、インスリン抵抗性を作り、さらなる高血糖状態へと戻っていくような過程をたどっていました。だから糖尿病治療は難しく、専門家でないと、できない医療行為だと考えられてきたのです。


しかし、未来の糖尿病、肥満の新薬の場合には、血糖もさがり、体重も8kg減ったという患者もおられます。


食べなくても平気かな、という気分になる。低血糖はなし。血圧もさがっている。 これ以上は継続するだけ。もしかしたら、糖尿病専門医が不要、とされる時代がくるのかもしれません。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食