• clinic94

予防医学は保険適応にはならない

どうして日本では予防医学の重要さが広がらないのですか?

という質問がありました。Quoraでの質問です。


どうして日本では予防医学の重要さが広がらないのですか? - Quora


https://jp.quora.com/doushite-nippon-deha-yobou-igaku-no-juuyou-sa-ga-kou-ga-ra-nai-no-desu-ka


回答は

単に予防医学に保険が適応されないからでしょう。


そうなんです。肥満は日本国内では、まだ疾患ではなく、予防できる事象だと考えられるいるから保険が適応されないのです。海外では肥満は疾患であり、実際にそれを解決できる治療法があるのですから、肥満症は疾患と考えられ保険が適応されます。


日本は、肥満は自己責任。予防するべきもの。治療するものではない。 そう考える旧式の考え方の人が多いのかもしれません。せっかくの治療薬があるにもかかわらず。日本人は頭が固いな、隣の韓国のほうが、よほど柔軟だと思います。あるいは医療費があまりに大きくなったから緊縮策をほどこしているだけかのように映ります。


ちなみに、今は、インフルエンザワクチン接種のシーズンですが、これも、予防医学です。だから保険適応になりません。同じ理屈になります。



最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま