• clinic94

TVでは、義塾、を解説

BS朝日のTV番組がでました。


糖尿病の治療は、血糖コントロールができるのが普通になって、次は「抗肥満」治療の流れになっていきます。


それだけが中心の内容でした。さすがに、サクセンダを注射する行為は「宣伝」と見なされたのか、放映されませんでした。でも、良かったです。お腹の写真が全国の人たちの目にさらされなくて。


先生にとっては医療とは?


と聞かれ、海外にいって最新情報を仕入れてきて、それを幅広く、必要な人にシェアしていく、それが私のコンセプトです、、そう答えました。


この発想は、慶応大学出身者なら共通に思っていることです。もともと、慶応大学は福沢諭吉(先生)が、海外にいって、広く見聞きし学習したものを、日本に持ち帰り、「義塾」という形式を使って、日本中の学識者に、海外最先端学問をシェアする、そういう発想から誕生した大学です。それが「義塾」たる由縁です。


それを医療の世界で実践すれば、今回のような、海外で行われているサクセンダをもちいたダイエットを、幅広くシェアするという外来を作ることになります。


クリニックの基本コンセプトがぶれていないのには満足でした。ただし、GLP1ダイエットについては、ひとことも触れておらず、残念ながら、全国版としての宣伝にはならず、TV局には上手に編集されたものだな、と思います。


GLP1医療義塾、、、悪くない言葉かもしれません。

日本という国を医療サービスとして、ささえはしますが、保険診療ではないため、国には頼っていません。

そういうコンセプトが似てる、そう感じていただければ有難いです。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食