• clinic94

胃検査前の留意点

ビクトーザやサクセンダは胃の善導運動を抑制し、胃排泄速度を低下させます。ですから、胃に入った食物が十二指腸に移行するのを、ゆっくりにします。


これを留意しておかないと、健康診断や人間ドックの時に、とんだ失敗をしてしまうので、留意ください。つまり、前日に食べた食物が胃の中にとどまり、胃透視検査や胃カメラ検査を無駄にしてしまう可能性があるからです。


特に急激にリラグルチド(ビクトーザやサクセンダなど)の量を増やしていった場合、急激に胃蠕動運動が低下した場合などでは、要注意。本人は自覚していなくても、胃内に残留物が残ることがあります。


もし、ちょうど、リラグルチドを増量している、その時期に胃検査を受けなくてはいけないとしたら、前前日くらいから、消化の良い食事にしておき、小食にしておきましょう。可能であれば、検査の2日前からリラグルチド(サクセンダやビクトーザ)の注射は控えておき、食事にも胃残渣が残らないものを食べ、大食いをさけましょう。


結局は、「検査のため」に、過食をせず、小食にするわけですから、検査前の2日間で太るはずはありません。検査が終わったら、すぐに、そこから注射を再開すれば、結果には影響がでないはずです。


以下は、私が実際に自分で実験した論文ですが、通常の食事をしていて、かつ、前日に大量のGLP1注射をしていた時には、明らかに胃内容物が残って検査になりませんでした。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食