• clinic94

もっと高くなるかもしれないビクトーザ

ノボ社では、アメリカではエビデンスが多い薬の薬価は、来年、さらに高くなるかもしれないとのことです。そうなると、ビクトーザは、今よりも高い薬価になり、1本10万円を超え、12万円くらいになるかもしれない、、とのことで。


アメリカは、糖尿病治療薬のビクトーザのほうが、サクセンダより高価のようで。同じリラグルチドで、肥満があるなら、当然、サクセンダを糖尿病専門医は処方することでしょう。その意味で、その切り替えがすぐできるのは糖尿病外来をもつ医師であるべきで、、


つまり本来、GLP1ダイエットは世界中で糖尿病専門医が行っている医療サービスである、

ということなのです。


しかし、「アメリカで糖尿病になり失明したらどうする?」と、アメリカの医師に質問したことがありますが、「すべて本人の責任です」という返事がすぐ戻ってきたのを思い出します。すべてが自己責任の国ですから、セレブの薬にするのも、製薬メーカーや保険会社達の判断次第なのかもしれません。


日本でも、アメリカでも、一度、糖尿病になったら高額医療になるので、それを予防する医療サービス 日本で良心的価格で処方する医療行為は、社会には大きく貢献するものと考えています。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重