• clinic94

ハルシオン問題

かつてハルシオンという睡眠薬は、それを服用してお酒を飲むと、記憶がなくなるということで、問題になった事があります。そこで、ヤクザが密集しているエリアの病院では処方ができないという規制がかかったことがあります。


それは、例えば患者さんが病院でハルシオンを処方してもらうと、病院の前でヤクザが待っていて、それを高値で買っていたからです。患者さんは保険を使い3割負担で医師からもらいうけます。それをヤクザは10割の金額、つまり3倍の値段で買っていてもおかしくありませんでした。


ヤクザは、それを、ぼったくりバーに使ったと聞いています。客のアルコールにハルシオンを入れて、お酒をのまさ記憶をなくさせるのです。お客はのみに言って、高額な請求を迫られたとしても、かりにそれを拒否したとしても、後で記憶がないので警察に相談できない、そういう仕組みに利用されていました。

ビクトーザやサクセンダも、それと同じ仕組みにならないか心配です。


糖尿病患者さんは何百万人と日本にいます。その誰もがビクトーザを処方してもらう権利があります。となると、ビクトーザを保険診療で処方してもらって、それを外部に高値で売りさばいても、内緒でやっていたらわかりません。もしそれをアメリカにもっていったら1本13万円の価格で販売できるわけです。これは大問題になることでしょう。


最近、飛行機に搭乗する時、注射器を持っているとチェックが厳しくなってきました。以前、糖尿病の治療薬で注射薬がインスリンだけだった頃には、そんなにチェックが厳しくはありませんでした。ところが、このGLP1の注射器が世の中に拡大してからは、飛行機に搭乗する際のチェックが、本人でないと持ち込めない、というルールに替わったようです。そうした理由には上記のような社会的背景があるのかもしれません。

なおさら、medical certificateを書いてください、と依頼される事が増えそうです。



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食