• clinic94

ブランチでいいんです。@リオン

フランス語が好きだったものですから、昔、フランスのリオンにいって1週間ほど滞在した事があります。ブドウ畑の真ん中で、農業そのものという生活の中で暮らしました。昼にはブランチがでてきて当時はお酒を飲めない18歳でしたから、ワインは飲まずにブランチをいただきました。


その時、初めて「1日2食が普通です」と言われたのを覚えています。フランスの、特に田舎では、朝食と昼食が一緒、つまりブランチが普通です、という事を教わりました。


リオンからパリに戻ると話は一転して、朝にフランスパンを買いにパン屋さんにいく日々が始まりました。それはそれで、お洒落な生活で楽しかったでした。フレンチパンとカフェで朝食。パンがおいしいので、カフェだけで十分。


サクセンダを注射していると、朝食を食べないことが罪、という発想が消えるような気がします。パリの生活より、リオンの生活のほうがあっているような、、、そんな感じで、ブランチでいいか、、、が慣れてきます。


1日2食で、昼は、サンドイッチ1個くらいにしておくと、あとは、夕食は、だいたい好きな料理をたべても、1日量は1400〜1600kcal程度に収まるので、助かります。


もし、サクセンダを止めたら、パリの生活に戻るのかもしれません。まずは、今はリオンの田舎で、ブランチを楽しんで、朝食と昼食を一緒にして、1日2食で十分、そういう食事療法があってもいいのでは、と考えています。


PS

イメグルミンを開発したポクセル社があるのは、フランスのリオンでした。それを、思い出しているうちに、ブランチを思い出しました。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食