• clinic94

Doctor's Doctor 

医療業界には、こういう用語があります。

医師がかかりたくなる医師、という意味です。専門家ほどその医師の診療の真の価値がわかり、その医師から診察をうけたくなるという概念を表現したものです。


私の糖尿病外来にも、患者さんとして、内科医師や、他の分野の医師が多いし、ナースも多いです。なぜか昔から医療関係者が、すごく多いのが糖尿病外来の特徴でした。


私の、「糖尿病外来の傾向」と似ている現象が、「GLP1ダイエット診療」にも起こっています。SNS上で同業者しか、わからないような用語や言い回しをしているせいなのかもしれません。


なぜか、GLP1ダイエット外来の受診者の方々は、医療関係者や、その関係者とか、あるいは、医療現場に近い人たちや、医療現場の真実や臨床の価値を理解してもらえる方がた、などが急激に増えてきました。ナース、薬剤師、介護師、医師などが訪問されます。中には美容外科医が私のGLP1外来を受けに来て「減量治療」を実践にこられた美容外科医もおられました。これは実は

リアルの糖尿病外来と同じ傾向になってきました。


昔からですが、他の医師が治療できない、とか、治療に困っている時に最後の医師として私を選択してくれる患者さんが多く、その中には原因不明の糖尿病患者さんが多かったのです。私の過去の論文に、「ミトコンドリア糖尿病」に関係した論文が多いのは、そのためです。


昔は、糖尿病があって「原因不明の現象をもつケース」、「治療抵抗性のケース」が、私の外来に沢山、受診されてきていました。その中にミトコンドリア遺伝子異常をもつ糖尿病患者さんが多かったのが新発見につながり沢山の国際的な学術論文を執筆し公開していました。そのおかげで日本医科大学の客員教授にもなることができ、新学説などを沢山、報告してきました。その意味では、昔も今も「駆け込み寺クリニック」であったのかもしれません。


それにしても、当院のGLP1ダイエット外来に、肥満を気にする美容外科医が受診に来られた時には驚きました。よほど私の事をprofessional doctorだと評価してくださったみたいです。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食