• clinic94

超画期的なGLP1治療は、糖尿病治療から開始。

2年前に欧州糖尿病学会に参加して、目をみはったのが、セマグルタイドの毎日、注射でした。セマグルタイドは、商品名、オゼンピックで、日本でも、2018年には、処方できるはずの薬でしたが、残念ながら、日本での発売は延期になりました。


ただ、この発表を聞いて、即、GLP1受容体作動薬は、糖尿病の血糖コントロールだけでなく抗肥満薬にも応用できると考えて、GLP1ダイエットの臨床(ダイエットプラクティス)を初めてみようと考えたわけで、その意味では私にとっては記念すべき論文です。


A 26-weeek randomized controlled trial of Semaglutide once dayily versus Liraglutide and placebo in patients with type 2 diabetes suboptimally controlled on diet and exercise with or without metformin. Diabetes Care July 18, 2018


本来なら、1週間に1回の注射であるセマグルタイドを、毎日、注射したら、どうなるか、という研究です。2型糖尿病の患者を対象にして、HbA1cが7から10%の間にある人を対象にして、多施設、二重盲検試験が組まれました。


2:2:1群にわけられ、セマグルタイド群、リラグリチド群、プラセボ群に振り分けられました。さらに、セマグルタイド群は、0.05mg, 0.1mg, 0.2mg, 0.3mgの4つのsubgroup群にわけられ、リラグリチド群も、0.3mg, 0.6mg, 1.2mg, 1.8mgの4つのsubgroup群にわけられ、各群間での比較が行われました。


その結果、組み入れに成功した人は705名。


26週目の段階で、HbA1cの変化は、セマグルタイド0.05mgで、−1.1%。セマグルタイド0.3mgで、−1.9%でした。これに対して、リラグリチド0.3mgでは、−0.5%、リラグリチドの1.8mgでも、−1.3%でしたから、明らかに、セマグルタイド群のほうが有意に勝った治療法であることがわかります。


ただし、消化器症状については、セマグルタイド群が、32.8~54%だったのに対して、リラグリチド群は、21.9~41.5%でしたから、リラグリチドのほうが、少しだけ消化器症状が少ないこともわかりました。


この結果から、同じ毎日、注射するのであれば、リラグリチドより、セマグルタイドのほうが、より強力な治療であり、最小容量の0.05mgであっても、HbA1cを−1.1%低下させることがわかったわけです。


ただし、セマグルタイドの最大投与量では、HbA1cは、6.0%前後まで低下していましたから、その意味では、単剤で、このレベルまで低下させれる薬剤は、これまでなかったわけで、ものすごく、有効な治療法がでてきた、と、私たち糖尿病専門医は、驚いたわけです。欧州糖尿病学会で、このグラフをみた時には、おもわず、ポスターの前で、立ち止まり、目を疑い、そして、フリーズしてしまいました。


また、それに伴う体重減少も顕著で、平均体重 94.5kgだった体重が、26週間後には、85.5kgくらいまで、ざっくりとですが、セマグルタイドの最大投与量では、約9kg、減量に成功していたわけです。


一般に、糖尿病があると、血糖コントロールをすると、体重が増えることがあります。ですから糖尿病がない人と比べて、GLP1は、体重減少効果が少ないはずなのですが、それでも、これだけの幅で、体重を落とせたということになると、もし、この治療を、糖尿病がない肥満だけの人に投与したら、さらなる体重減少効果が期待できる、という理論は、説明するまでもありません。


糖尿病がある場合でも、体重が5%以上低下した確率は72%。体重が10%以上低下した確率は19%です。もし、糖尿病がない人に、この治療を行った場合、理論的には、成功する確率は、さらに高まるはずです。糖尿病があっても、体重減少の平均減少量は、−6.4kg、でした。糖尿病がなければ、もっともっと減量が期待できるはずです。


このポスターを、ずっと眺めていたら、隣に、素敵な日本人女性がたって、私と同じく、考え深く見ていました。ドクターか、と思って訪ねたら、アストラゼネカ社の学術の方だったらしいです。ビデュリオンから、セマグルタイドに切り替えるつもりでいた私にとっては、「まことに申し訳ないが、日本でセマグルタイドが発売されたら、全員、切り替えるつもり、」、であることを話しましたら、かるく頷いてくれました。しかたがない、という感じでしたが、やはり世界の学会という舞台で、こういう会話が日本人同士でできるというのは、うれしい瞬間でした。


この瞬間から、日本に帰ったら、即、GLP1ダイエットを臨床で、実行しなくては、その準備をしようと考えて帰国したわけです。糖尿病治療だけでなく、ダイエットの臨床ですから、ダイエットプラクティスが良い名称だろうと、今でも、そう思います。


抗肥満薬、いわゆる、「痩せ薬」の認可においては、厚労省は、極めて慎重になったのだろうと思います。この論文が発表されたのは、2018年のJulyですから、そこから約4ヶ月、かなり、慎重に、製薬メーカーと厚労省との間で、検討されたことでしょう。結局、日本での発売は認可されませんでした。


セマグルチドは商品名オゼンピックですが、上記の発表はあるものの世界的に1週間に1回の注射を毎日注射にすればGLP1の血中濃度は高くないから強さはますものの、では「安全か?」と言われれば、「安全ではないかもしれない」と答えざるをえません。薬は強すぎると薬ではなく毒になる場合もあります。


日本ではオゼンピックを抗肥満治療用GLP1薬剤として、販売しているクリニックもありますが、もちろん世界的にこの使用が認可されたわけではなく、特に糖尿病においてはエビデンスがあるものの、一般人に向けてのエビデンスは乏しく、そうした医療サービスを受ける際には、エビデンスがない医療サービスを受けることであり、かなりのハイリスクである事を理解していなくてはいけません。


サクセンダのように、日々、投薬量を変えることができる、投薬する時間やタイミングを変えることができる、アクセントをつけることができる、、、そういうほうが「人間らしい生活ができる」、、今の私は、そう考えます。だからサクセンダだけが「抗肥満治療薬」として世界中で承認薬剤となったのでしょう。 ただし糖尿病があれば、血糖値をさげなくてはいけないので、オゼンピックを考慮しますが、費用対効果を考えればセレブの薬剤としかいいようがありません。私の外来では、オゼンピックを処方しているのは、糖尿病患者さんに対してのみです。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食