• clinic94

体験キャンペーン、1月も継続の理由!

ビクトーザやサクセンダの注射をしはじめると、しだいに、食事をすると、もうひとりの自分が脳裏にでてきて、自然に「食欲を抑えてくれる自分がでてきます。」と、受診をされた方には、説明しています。


あえて、「食欲をなくす自分」を意図的に創ってあたかも、自分で自分を、いじめてもいいかのように、次は、「食欲がなくなった自分」、が出てきたら、それを喜ぶ、楽しむという行為をするわけです。そして、注射薬をうったおかげで、暴飲暴食をする自分が消えてくれて、よかった、と感謝する。


そんな感覚が、上手にできると、GLP1ダイエットは成功しやすくなります。

こういう話、抽象的だとは思っていたのですが、実際、注射を始めた方からは、やってみたら先生のおっしゃられることがわかりました。それで、-4kg、体重が落ちました。と、すごい、うれしいお声を聴くことが増えました。


GLP1ダイエットは、実際に、やってみないと、こういう発想は理解してもらえないのです。その意味では、実際に、やったかたが口コミで広めていただいたり継続していただいたりした時が、本当のGLP1ダイエットが医療サービスとして成功した時なのでしょう、、その意味では体験キャンペーンの企画は重要です。


12月より体験キャンペーンを始めてみましたが、加藤まり先生の外来は連日、予約満杯でした。したがって、2020年1月は、私(鈴木吉彦院長自身)が、木曜日の夜(午後7時から10時まで)の3時間、体験キャンペーンを一時的に復活させようかと考えてみています。私にとっては1年ぶりのキャンペーン企画です。2020年1月9日(木曜日)からスタート。木曜日の夜だけの、キャンペーン企画となります。月曜日午前の加藤まり先生のキャンペーン企画は、そのまま継続とさせていただきます。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重