• clinic94

開業医>花粉症>ステロイド>肥満>サクセンダ

慶應大学病院で学習していた医学部時代、一番、熱心にフローチャートを書いていたのが、ホルモン分野だったのでした。自分でも、昔のノートがでてくると不思議に思います。その意味では、もともと、こういう代謝分野が好きだったのが幸いしました。ただ、若い頃は、病院勤務でしたし活動的でしたから、私自身は、さほど太ってはいませんでした。


やはり、太り始めたのは、クリニックを開業し人気のクリニックとなり、その院長ともなると、1日中、予約がはいり机に向かって座っていなくてはいけない時間は、最低でも1日8時間です。なお、日本医科大学の教授だった頃は、まだ、そんなに太ってはいなかったと記憶しています。


医師の場合、特に開業医となると、予約がどんどん入ってくればくるほど、その「診察時間」は役所への届け出制ですから座っていなくてはいけません。その間、どこかにランニングしてくる、ジョギングしてくるとかは、できません。1日24時間のうち、8時間は座っていなくてはならない業務というわけです。


また、20代後半から、花粉症があったことで、1月から5月までの5ヶ月間は、ほぼ外出すれば、喉を痛めたり目が痒くなったりするわけです。よって、アレルギー体質による「運動不足」が起こります。


すごい量の花粉が飛散した年には1年で10kg、以上、ふとったこともありました。あまりに重症なので、セレスタミン(経口ステロイド薬剤)にも手をだしてしまいました時でした。だから、ふとるのは当然で。花粉症が自己責任じゃないなら、肥満だって、といつも思ってました。そうした意味から、薬で太ったのだから、GLP1という薬で痩せようという発想は自然に受け入れていました。


そういう意図もあったおかげで、

以前から、バイエッタ、ビデュリオン、ビクトーザ、リキスミア、トルリシティなどは、すべて、発売されたら、すぐ試していました。1製剤2ヶ月以上は、自分で試して、その上で「患者指導」に応用もできていたからです。オゼンピックは経験がないですが、ビヂュリオンは3ヶ月以上は試した事があるので、あの1週間1回製剤を、毎日、注射すれば、それは「すぐ痩せる」ということは用意に想像できます。そうした中でも、やはりサクセンダは秀でて費用対効果が良い薬剤であることは実感もし、かつ学術的論文のとおりの効果を示します。


ちなみに、今でもビデュリオンの処方量は当院が、2019年、日本でトップ処方のクリニックらしいです。アストラゼネカの営業マンは、頻繁に顔をだしてくださいます。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食