• clinic94

早食いは肥満のもとになるといいますが、どうしてですか?

「 最後のダイエット 」の 連載


Q54 早食いは肥満のもとになるといいますが、どうしてですか?


A 単に早食いが肥満の原因とは言い切れませんが、太っている人に早食いの傾向があることは本当です。


ところで、おなかが空いたり、いっぱいになったりという感じは、実は、脳の中にある摂食中枢と満腹中枢によってコントロールされています。


この二つの中枢は、主に血糖値(血液中の糖の量)に左右され、血糖値が高くなれば満腹中枢が働いて空腹感がおさまり、逆に、血糖値が低くなれば摂食中枢が働いて空腹を感じます。つまり、もうおなかがいっぱいという感じは、食べ物の一部が消化吸収され、血糖値が高くなって起こるわけです。


一般に満腹サインともいうべき血糖値は、健康な人で140~160mg/dlぐらいと考えられています。血糖値がこの数値まで上がるには、食べ始めてから約30分かかります。


ところが、早食いすると、満腹中枢が刺激される前に食事が終わります。まだ満腹中枢が刺激を受けていないため、食べた気がしないし、身体はさらに食べることを要求します。

こうして、満腹中枢が働くまでに多く食べてしまうことになり、結局太ってしまうのです。

やせるには、食事には少なくとも15分以上はかけることです。ひとくち30回以上は良く噛んでゆっくり食事をすれば、腹八分目で満腹感が得られます。

























出典  最後のダイエット 鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重