• clinic94

糖尿病専門医! 目覚めた!

私も釜山にいきましたが、同じように釜山にいって、国際糖尿病学会(IDF-WPR)に参加された八木橋先生(元弘前大学教授)と、今朝、お話することがありました。すると開口一番、


「鈴木先生、これからは肥満だね。糖尿病だけじゃないね。」


との発言。同じ感覚をお持ちの糖尿病専門医から、初めて、そう声をかけていただきました。もちろん心の中では「知ってます。だからGLP1ダイエット外来をやっているわけで」とつぶやいてはいましたが。


そうなんです。とうとう、他の糖尿病専門医たちも国際学会にいって、肥満治療の重要性に気がつき始める時代がおとづれました。糖尿病専門医たちが目覚め始めたわけです。

「鈴木先生、これからは糖尿病と肥満を一緒に治さないといけないね。」


と八木橋先生は、お話されます。そうなんです。それも、私が、Diabetesと、Obesityを一緒に治さなくてはいけない時代が到来する、だから、Diabetistyという概念が登場したんじゃないですか、、と意見を言いたいところでした。


GLP1ダイエット外来を初めて、はや1年、経ちましたが、よーーーーやく、他の糖尿病専門医たちも、かつ、国際的な学問的な感覚がある糖尿病専門医たちが目覚めてくれました。


こうなってくると、一部の美容外科医たちが、「私は今年の夏からビクトーザを始めまーす。痩せるホルモンと言われてまーす。アメリカから上陸したダイエットでーす。」などという、浮ついたコンテンツは、茶番にしか見えない時代になるかもしれません。


日本に糖尿病専門医は3000人以上はいます。みな真面目な糖代謝の専門医であり、日々、GLP1についての体重の増減について、1日何十人以上という外来をこなし、プロフェッショナルに、GLP1ダイエットを扱っている医師たちです。彼らが本気で、このGLP1ダイエットを始めるといえば、もしかして、この治療、保険診療枠でできるかもしれません。


やっぱり、国際学会はいいです! 国際学会に参加している医師という医師で、専門医の受診を受けられてください。サイエンスレベルがまるで違うことに、みなさんがご理解を示される日が必ず日本でも到来すると信じます。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食