• clinic94

食事の嗜好は、こんな風に変化する!


一般には、油が多い食材だと、胃酸で分解しにくく、GLP1ダイエットを継続していると、嫌いになります。患者さんたちの声には、こんな声が多いです。


天ぷらは、めったに口にしなくなった。


ファミリーマートの窓口にある、ファミチキとか、興味がなくなった。


揚げ物、見るのも嫌になった。例えば、最初は、すごく嫌だったが、だんだん、やや揚げ物は見れるようになったが、それでも、かろうじて、エビフライくらいは食べられる。でも、エビフライは2本は食べられない。1本で腹いっぱいになっている。


デザートが欲しくなってきた。以前はデザートは我慢してきたのに。糖質をちょこっと食べても、血糖値や体重は上がらない。むしろ、糖質制限とは180度、違う。甘いものすきの私(女性)には、ぴったりのダイエット。でも、デザートも、量は以前と比べると、かなり量は減った。


食べる前は、お腹が空かないので、忘れることがある。朝や昼は忘れる、夕方は、腹が減るくらいな感じ。夜になると、朝と昼、何をたべたのか、忘れるくらい、日中の食事を記憶することに関心がうすれてきた。


食事に対して、いじきたなくなくなった自分を感じることがある。


自宅でも、揚げ物はしなくなった。刺身などの蛋白質系の食材が好きになった。


豚肉、鶏肉は好きになった。牛肉は脂がはいっているので、嫌いになる。鶏肉はさっぱりするので、好きになった。


胃もたれがするような食材は、スーパーで、あらかじめ買わなくなった。なので、いつも、胃はすっきりしていて、かえって気持ちがいい。体調もいい。


などなど。こういう感覚がでてきたら、GLP1ダイエットが成功しはじめている証拠になります。


32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食