• clinic94

急激な体重減少の善悪!

体重を急激に落とすことは、徐々に体重を減らした場合に比べて、の比較試験が、ヨーク大学(カナダ)のJennifer Kuk氏らの研究で明らかになりました。


https://www.hindawi.com/journals/jobe/2019/3609642/abs/


これまでの研究で、急激な減量は胆石リスクのわずかな上昇と関連することが示されております。なので、一般的に減量率は週当たり0.5~1kg程度とすることが推奨されていました。


しかし、徐々に体重を減らすよりも急激に減量した方が、心疾患や糖尿病のリスク因子の低減に有用である可能性も示唆されていました。


そこで、Kuk氏らは公的資金による体重管理プログラム(治療期間は12.7カ月)に参加した成人男女1万1,281人を対象に、治療開始早期と期間全体別に、(1)急激に減量した群(週当たり1kg以上)、(2)減量率が推奨範囲内の群(同0.5~0.9kg)、(3)徐々に減量した群(同0.5kg未満)に分けて分析し、その結果を発表しました。


結論としては、急激に減量した群では、減量率が推奨範囲内だった群や徐々に減量した群に比べて全体的に減量幅が大きかった(-24.7kg対-13.3kgおよび-5.0kg)。

また急激に減量した群では、他の2つの群に比べてウエスト周囲長や血圧が大きく改善し、心疾患や糖尿病のリスク因子の低減に有用であることが示唆されたというものでした。


ゆっくり減量より、急激に減量したほうが健康的という内容になります。

ただし、「急激なダイエットに成功する人は、それだけ、モチベーションが高い、はず」という、baselineにおける、メンタルの違いは、データには見えない部分に、あったかもしれません。


Kuk氏は「急激な減量による胆石リスクの上昇を考慮すると、減量する場合には1週間に0.5~1kg程度の減量を目指すのが安全な選択肢ではないか」との見解をしめしております。これは、当院でのGLP1ダイエット外来の運用においても、とても役立つ示唆になります。日本人においては悪心、嘔吐が欧米より強くでる可能性もあり、リラグリチドは2ヶ月中盤までは慎重に0.3mgづつ増加、そして1.8mgまで増加。2ヶ月目前後からはサクセンダに切り替え、1.8mg〜2.4mgの間を探るくらいの速度で増量するとするのが望ましいと考えています。


GLP1に対する反応の個人差はありますが、一般に、GLP1ダイエットの場合、初日から効果を実感する場合も多く、少なくとも2週間以内には、何らかの食欲抑制効果を実感し、体重増加にブレーキがかかり、体重減少曲線は、どちらかというと、急峻に下がるダイエットになります。ですから胆石にさへならなければ、より望ましいダイエット法であるといえることでしょう。


下の図をみてみてください。最初の4ヶ月目くらいまでは、急峻に低下を示します。これが特徴です。比較的、急激に体重がおちるダイエット法であるといえますし、Kuk氏の意見とも合致して、同じダイエット法でも、他のダイエット法より、より健康的で安全なダイエット法であるといえることでしょう。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食