• clinic94

薬価:日本の5倍が普通のアメリカ

以前、ビクトーザはアメリカでは1本10万円以上、サクセンダも13万円という話題をとりあげました。ただ、これはGLP1製剤だけの話ではありません。他の保険承認薬剤においても、日本の薬価の5倍の価格がアメリカではついてしまうのです。


例えば、糖尿病の治療薬であるSGLT2阻害剤にしても、日本の薬価(薬の値段、卸からの価格)の5倍が、アメリカの薬価です。


日本では1錠220円くらいの薬が、アメリカでは1錠1300円くらいで販売されています。注射製剤だけでなく、内服製剤でも、特に新薬となると、ものすごい高い薬価にアメリカではなってしまいます。


その背景には、薬価を決めるルールが異なるのです。日本では薬価が「国」が決めます。製薬メーカーと国とが交渉して、最終的には「国」が決める決定事項になります。


それに対して、アメリカでは、「薬価」は製薬メーカーが決める権利があります。需要が見込める薬、人気が高い薬は、どんどん薬価を高くすることが、製薬メーカーサイドの判断で、できてしまうのです。おそらく、そこには国は干渉しないのでしょう。ですから、

アメリカの新薬の値段は、日本の約5倍が普通になってしまうわけです。どの新薬であったとしても。自由の国ですから。


GLP1注射薬の2018年に韓国で転売騒動が起きてからというもの、海外にいく時に、インスリンでも、GLP1注射でも、本人でないと持ち出せない、持ち込めないというように、当局の規制が相当、厳しくなりました。特に韓国は厳しいそうです。


私たちも、こうした転売騒動に、巻き込まれたら大変な事になります。従って、国際標準の価格を提示しているアメリカの料金体系を参考をしますが、絶対に、当院で購入してアメリカで販売などという、転売ができないよう、しっかりと本人確認をしてから処方するようにしています。


以前、「サクセンダ、買えませんか?」という氏名の記載のないメールが届いたことがあります。完全に恐ろしいので、無視させていただいたことがあります。


19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食