• clinic94

米国のCMで紹介される薬剤はサクセンダのみ

米国では、普通のテレビコマーシャルに、日常的にGLP1ダイエットが紹介されています。それが許可されているのは、サクセンダのみです。サクセンダを利用したGLP1ダイエットは、「国際標準のダイエット法」なのです。私たちは、そのため、Global GLP1 Dietという名称を当初は考えたくらいでした。


私たちが言うまでもなくyouTubeをみていただければ、いかに、GLP1ダイエットが、国際的な、本格的な医療行為であるダイエットなのか理解していただけると思います。糖尿病治療には、ビクトーザ。ですが、抗肥満治療には、Saxendaという商品名になっています。成分は同じで「リラグリチド」です。私たちの、GLP1ダイエットは、米国の標準治療を日本人向けにアレンジしたものです。


チャンネル登録が1万人以上の動画もありました。


Saxenda Produce Sustained Weight Loss

https://youtu.be/9w8MTd0oE9A


こういう動画をどうどうと掲載できる、米国がうらやましい。

英語圏であれば、サクセンダ以外のGLP1製剤、リラグルチド以外のGLP1製剤を用いて、「痩せるホルモンです」と唄って薬を売買する行為は違法行為と見なされるかもしれません。日本の一部の美容系クリニックでは、トルリシティを「売買」しているみたいですが、英語圏では訴訟を起こされれば負けるのではないかと考えます。それでも、どんどん宣伝広告をしている美容系クリニックの強気には、驚きとしか言葉がありません。

よほど日本人は英語が読めないと考えているのかもしれません。



以下の比較表も、また、「思い切り間違っている」わけです。どの薬も「抗肥満薬」の承認はおりていない薬剤ばかりです。なのに、GLP1ダイエットにおいて大切な薬として紹介されているのか、意味が解りません。偽物としか言いようがない比較表です。偽物を扱い商売しているクリニックは、かなり危ないとしか言えません。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食