• clinic94

ダイエットができるように「進化」

先のQuoraの話題の中に、以下の一節があります。


話は違いますが近眼のメガネをかければ目が近眼になります近くを見れば目が近眼になります。体はその環境に合わせて変化しようとするのです。必ずしも目が悪いわけではありません。近くがよく見えるように進化したのです。


これをGLP1ダイエットで例えると、

いつも食事量が減っている状態になっていれば、小食家になります。体は、その環境に合わせようと変化しようとするのです。必ずしもダイエットできている事が悪いわけではありません。ダイエットができる状態を維持できるように進化したのです。


と言い換えることができます。


GLP1ダイエット進化論! GLP1で実際に体重が落ちた経験のある方には、ご理解がいただけるのかも。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重