• clinic94

GLP1ダイエット 漫画シナリオ(2)

利用者:本当に、医師による医療サービスということなんだけど、大丈夫なのでしょうか?

医師:大丈夫です。医師が直接、しっかりとお話を伺います。お悩みの本質的な点を、医学的に解説するお手伝いをいたします。


利用者:もともとは、糖尿病の治療薬としての、お薬なのですよね?


医師:もともとは糖尿病治療薬です。ですから、糖尿病の知識を、十二分にもった医師が、お話をうかがいます


利用者: そうした事を明言できる根拠はありますか?


医師:あります。当院に来院される方には、かなり多くの「医療関係者」がおられます。医師、ナース、介護関係など。医療の世界を熟知し、かつ、肥満をなんとかしたいという方々が、患者様として多いのが当院の特徴です。


利用者: 肥満という病気の事を熟知しているという自信はありますか?


医師:あります。院長自身が、名医ランキングにも掲載されていますし、日本のBest Doctorsにも選ばれています。つまり、糖を中心にした代謝領域のプロが、体重の増減について、お話を伺いますし、それは、日常的に行っていることなので、自信はあります。


利用者:肥満治療と糖尿病治療とは、異なると思うのですが。。


医師:血糖コントロールが極めて良好ですと、血糖値をさげる治療方針はそのままで、肥満治療のほうがメインになってきます。ですから、当院のように、HbA1cが6.5%以下の糖尿病患者さんが多いというクリニックにおいては、さほど治療は異なりません。


利用者:なぜ、「企業秘密」のようなクリニックの処方術を、全面公開し、情報提供してしまうのでしょうか? 美容外科クリニックでは、すべて秘密みたいなのに。


医師:内科医だからでしょう。内科医は、治療方針を隠しません。治療方針を公開し、その治療に納得した上で来院していただき、治療をうけていただくのが、本来の内科医のスタンスとしては、当然のことだからです。


利用者:その自信は、どこから、生まれてくるのでしょうか?


医師:院長自身が、これまで70冊以上の出版書籍を出版し、すべからく、内容を熟知した上で患者さんに来院していただく、という方針で、それが、より良い治療効果につながってきたという経験があり、それが自信になっているからです。


利用者:そういう哲学は、どういう発想が元になっておられるのですか?


医師:父の遺言です。虚栄は嫌い。患者さんたちに感謝されることをしなさい、それが最後の医師である父が私に残してくれた言葉でした。亡くなる前日の言葉です。


利用者:ダイエットは美容医療なのでしょうか?


医師:痩せれば綺麗になると真剣に考えておられる女性にとっては美容医療だと思います。多くの方々が、そう思ってますし、それは正しい思考法だと思います。他方で、本当に健康になりたい、肥満の悪循環から回避したい、逃れたいと思っておられる方々も、沢山、おられます。


利用者:どういう方々が多いですか?


医師:若い人も多いし、中高年も多いです。ただ、みなさん、経済合理性を考え、このGLP1ダイエットによって、最後に頼りたいダイエット、減量のラストチャンスだと思っておられる方々が多いのは確かです。


利用者:最後に、どういう医療サービスを目指しているのでしょうか?


医師:患者様たちから「感謝されるような医療サービスの構築を目指したい」という1点については、プロジェクト開始後から1ミリもぶれてはおりません。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食