• clinic94

米国、抗肥満治療 併用が望ましい

抗肥満治療では、原則的に、異なる作用機序の薬同士を組み合わせて使用するのが、賢い治療法である、とされています。つまり異なる薬剤を2剤、併用するほうが望ましいのです。


それによって、ひとつの薬の副作用だけが強くでることを抑えて、違った作用の薬剤を併用し、副作用の程度を低めにすることができるからです。


ビクトーザやサクセンダの副作用である「便秘」を、オルリスタット(商品名:ゼニカル、オルリファストなど)が、やや解消してくれるという例が、よい例かもしれません。


また、微調節ができる、という薬剤のほうが望ましいとされます。副作用が起こった時には、ただちに、投与量を減量し、副作用が長く継続する作用を抑えこみ、副作用で苦しむ時間を短くすることができます。


一般に、血中濃度は、1回の投与量が多いと、持続時間や、最高血中濃度が高くなります。


ですから、ビクトーザの1.8mgまでは、1日2回、注射であったとしても、サクセンダの2.4mgになったら、1日以上、作用時間が長くなることもありえるため、サクセンダの治療は、おおざっぱに、0.6mg刻みで、どんどんと増量していくわけです。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食