• clinic94

GLP1は太ると減る? えっ?

動画のおさらいをしています。youTubeを触っていると、いろんな動画がでてきます。そこである医師(糖尿病専門医資格を有する医師)が、こう発言しています。


「GLP1は太ると減るので」


えっ、そんな話は初めて聞きました。糖尿病ではGLP1は減っている事が知られていますが、日本では糖尿病は健常人と同じ体型が多く、太っていないからです。


GLP1が太ると、GLP1濃度が減る、のだとしたら、なんらのフィードバック機能があるのでしょうか?


太る事によって、通常は、高インスリン血症になります。高インスリン血症になると、お腹が空き食べやすくなります。食べると肥満します。肥満すると、食事量が増えます。食事量が増えると、小腸下部からのGLP1分泌は高まり、なんとか食欲を抑制し、血糖値を上げないようにと、膵臓からインスリン分泌を助けます。


この理論なら糖尿病専門医は誰もが理解しています。ですが、よーーーく、考えてみてください。この理論は、太ると食べるからGLP1濃度が上がるはず、という論理に思えるのです。


通常、こういうフィードバック機能が作用している人は、血糖値が上がらず、糖尿病にはなりにくくなります。


ですが、こういうフィードバック機能が作用しにくい人は、血糖値があがり、高血糖が慢性的に継続し、糖尿病になります。ここで、大きく作用機序が分かれます。


糖尿病が悪化すると、尿糖が沢山、排泄されることにより、エネルギーが体外にもちだされるので、体重は増えません。増えにくくなります。その事によって、か、どうか、しりせんが、GLP1濃度は食後低下し、分泌しにくくなります。


こういう話、一般の人には難しいのだと思います。「太るとGLP1は減るので」と言い切ったほうが、一般人にはアピールしやすいのでしょう。でも、それは科学的ではありません。


加藤まり先生にも意見を聞いてみます。動物実験でも、そういうデータがあるのかどうか。


糖尿病専門医試験にもパスした医師が、このレベルだなんて、迂闊に糖尿病専門医だからと言って信用してはいけないのかもしれません。日本中の美容外科医達は、この糖尿病専門医の誤った認識を、言葉の武器として、PR広告を沢山、出しているようです。大丈夫なのでしょうか。。。。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食