• clinic94

ダイエットにおける遠隔医療の重要性

既に米国では、遠隔医療が当然になり、その市場規模は2020年には362億ドルになるだろうとの推測が発表されていました。米国の特徴は、ネットを高齢者ほど利用します。


日本では、ネットは未だ若年層のものと思われていますが、ネット先進国の米国では身体が不自由な高齢者ほど、ネットを活用し、クリニックに通院する、病院で待ち時間を過ごすなどの、身体に酷な時間を割けるようになり、ビデオビジット、つまりオンライン診療を受ける傾向が強まっているとのことです。


特に 処方箋の補充、医師たちは、これを、Do処方と呼びます。

慢性疾患のような継続する問題の管理

などには適しているとのこと。


肥満は慢性疾患です。痩せるということは、慢性的な、暴飲暴食傾向を断ち切るための手段です。当院で行っているGLP1ダイエットプラクティスは、その支援をしているつもりです。糖尿病も同じく。血糖値をさげ、痩せるということができれば、遠隔診療で十分という日がくるかもしれません。


となると、GLP1ダイエットプラクティスは、オリジナルで、自分達が運用するオンライン遠隔診療システムの構築が必要とされる時代がくるかもしれません。


時代を先読みして、どんどん、突っ走りますので、ぜひ、皆さん、応援をよろしくお願いいたします。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食