• clinic94

嘘!?東京の大病院を抜いている? 

某製薬メーカーのMRさんが来訪されました。当院のGLP-1受容体作動薬の処方量が、都内の有名糖尿病センターの処方量を抜いて、ダントツだそうです。あるいは、都内の超有名大学病院の糖尿病外来の処方量も抜いているとのこと。つまり、病院、クリニックを含め、都内でトップだそうで、、なぜですか?と聞かれました。


答えは簡単です。血糖コントロールが良好な患者さんが多いからです。なので、血糖コントロールができれば、他に糖尿病専門医がすることといえば、肥満の治療だけ、になるのは当然なので。だから、抗肥満治療を始めたわけです。かつ、それが世界の潮流でもあるので。


それにしても、 多くの製薬メーカーから、これだけWatch されている事に驚いてます!


迂闊な事は書けません。民間療法ダイエット器具で、痩せなかった事を書いたブログ記事は、笑われていそうで心配です。でも、やっぱり試さないと、製品の良し悪しは議論できませんから。立場上、しかたありません(涙;)。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食