• clinic94

日本の水はCool 

NHK放送をみていて、COOL JAPANという番組。 水はCool を解説。

そこで糖尿病専門医として思うのが、日本人はSGLT2阻害剤の恩恵を受けやすい民族だということでした。


SGLT2阻害剤は1日400kcalのエネルギーを尿中に排泄してくれますが、脱水にならぬよう、水を飲むことが注意事項としてあります。


その時、日本は、水代がほとんどかかりません。しかし、海外では水代が高いエリアは沢山、あります。SGLT2阻害剤、自体だけで、日本では1錠220円くらいでも、アメリカでは1錠1300円と、この薬も、アメリカは5倍くらいの価格で臨床現場で処方されている特効薬です。ですが、水がないエリアでは、投薬初期に、軽度の脱水にならないかが危惧され、水分をとるようにと指導を受ける薬剤です。


ですから、海外では、このSGLT2阻害剤の薬代の他に、水代も含めて治療費と考える必要がありますが、日本では、ほとんどそういう議論は不要なわけです。


GLP1注射薬とSGLT2阻害剤は、ビデュリオンとフォシーガの併用の場合には、血糖降下作用および減量において相乗効果があり、良好とされ、様々な学会で発表されますが、それは、どちらもアストラゼネカ社の薬剤だからなのでしょう。


もしサクセンダと併用が可能で、かつ、SGLT2阻害剤の副作用ともいえる「空腹感」を押さえる作用がサクセンダにあるとしたなら、併用は、オルリファストより望ましい効果を示すはずです。


こういう発想は糖尿病専門医だからできることで、その時、必要なものは、水だけ、しかも、日本はそれが無料同然で入手できる(中東ではコップ1杯の水を70円で買ったことがあります。ガソリンは1リットル20円だったでしたが)、ということだけで、日本の水は Cool だと言いたい、、、常々、思っていたことでした。



15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食