• clinic94

夕方サクセンダ3.0mgなら夜食は禁

ひさしぶりに失敗しました。


昨日は、夕方の外来だったものでしたから、診察中に空腹にならないようにと、夕方に、サクセンダ3.0mgを注射し、軽食をたべて午後10時まで外来をしてました。


帰宅すると、既に家族は全員、寝ていました。しかたなく、自炊して、疲れた体をいやすべく手料理を作り、夜食を食べたわけです。昼と夕方は軽食でしたから、1日の総エネルギーとすると、さほどオーバーにならないから大丈夫と、たかをくくっていました。


ところが、朝がたになって、食道周辺に痛みがおこり目がさめました。まさしく、人口的に作ってしまった「逆流性食道炎」だったわけです。


逆流性食道炎は、食道にそって痛みがあり、胃酸が喉まであがってきます。胃酸が喉頭を刺激することで、咳がでることもあります。苦しいので、すぐ治すには、PPI(ネキシチウムやパリエットなど)やセルベックスなどを服用し、胃酸分泌過多の影響を抑えます。個人差はありますが、薬が速効すれば1時間程度で症状は消失します。


外来診察をしていると、「他の美容系サイトには、よいことしか書いていないが、鈴木先生のサイトには、副作用や、怖いこと、注意しなくてはいけないことが記載されていて、信用できます。」と、おっしゃってくださる受診者の方もおられるので、あえて、こういう「失敗談」も、お話したいと思います。


結論として、、

夕方、サクセンダを3.0mgや2.4mg、注射してしまったのであれば、就寝前の食事は絶対、避けるようにしましょう。逆流性食道炎のリスクになります。


これは、私だけの体験談ではなく、実際、受診されている方々の中にも、同様の経験をもたれる方がおられるので、再現性がある事象と言えるでしょう。


このように「不適切な処方についてのリスク」については、以前、医学論文にして、報告してあったことがあります。医療関係者向けです。2012年の論文で、今から8年前に投稿した論文です。8年前から、こうしたGLP1受容体作動薬には、メリットと、デメリットの部分が共存し、それを理解した医師からの処方でないと、このダイエット法は、医療サービスとしては危険であるということを、しっかりと報告してきたつもりです。

逆流性食道炎を治療した事もないような美容系クリニックの医師がミスをして、それによって、このダイエットの評判が、がた落ちにならないか、心配です。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食