• clinic94

悪徳商法にだまされないで again

このブログ記事は、人気があったので、再度、表示します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ダイエットの最初の最初、ABC、基本の基本は、カロリー収支、にあることは間違いありません。1日の摂取エネルギー量が1200以下になれば、多少の微量栄養素を補充してください。薬局でチョコラBBくらいで十分でしょう。(以下のプラミッドのとおりです。)


ある美容外科クリニックでは、ダイエットコンシェルジェなる人物が、自社制の「サプリメント」を10万円で売りつけてくるそうです。このプラミッドにあるように、「サプリメント」の効果なんて、最後の最後、本来、本当に必要かどうかすらわからないもののはずです。それが10万円なんて、お金をドブに捨てるようなものです。


さらに、悪徳商法は、試し打ちと称して、ビクトーザを1本、貸し出して、受診者に半分を注射させます。半分注射をして、返却しようとすると、意図的に断りにくくしてしまうそうです。よほどの根性がないと返却しにくい気分にさせてしまうそうです。


そうやって契約を結ばさせようとし、結局は、1本8万円相当の台湾製ビクトーザ注射液をうりつける、という美容系クリニックがあるようです。冷蔵保管が必要といっておきながら、真夏でも温度管理などせずに、普通郵便で台湾から郵送されてくるそうです。


こうした「悪徳商法の極み」を追求しているクリニックは、東京の都心にあります。今後も拡大していくのでしょうか? 特にあくどいのは「試し打ちさせてもらって返却するのは申し訳ない」という女性の心理を狙って、その弱みをにぎり商品を売りつける「商法」です。


かつ、肥満女性はコンプレックスがあります。だから、そうした悪徳商法をうけても、世間に公開することは、避けたい、という気持ちがあります。実名では公開しないでしょう。泣き寝入りするしかありません。


つまり、そうした悪徳クリニック業者は、コンプレックス外来に受診する人の立場を利用して、どうせ世間にはばれないだろう、もともと受診者はコンプレックスがある対象だから、公開するはずがない、と、たかをくくって好き勝手に商売をしている、という評判を聞いています。


そういう悪徳美容クリニックにだまされないためにも、以下のピラミッドは、常に思い出すようにしてみてください。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食