• clinic94

糖の脂肪化を抑制? 本来は逆!

都内の有名美容系クリニックでも、とうとうGLP1ダイエットを採用したようです。市民権を得るのは、うれしいとしても、「科学的根拠があるダイエット」と唄っています。そこまでは、納得だし、同感。


でも、突然、おかしな表現がでてきます。

糖の脂肪化を抑制 痩せやすい体質へ

という表現が出てきます。


これって何なのでしょう? GLP1は小腸下部から分泌され、膵β細胞に作用し、インスリン分泌を促します。インスリンは、脂肪分解を押さえるホルモンです。ですから、もし、GLP1に食欲抑制作用などがなかったとしたら、GLP1は、脂肪分解を押さえ、脂肪合成を推進する、つまり、GLP1のインスリンを介した作用だけに言及すれば「糖の脂肪化を推進」する薬剤となるはずです。つまり本来は「逆」の作用をもつ薬剤です。


GLP1が、痩せやすい体質になるのは、脳へのリラグルチドの直接作用によるもので、だから、痩せホルモンとは呼ばず、食欲ホルモン(Appetie Hormone)と呼ばれています。

理屈ぽ、すぎましたでしょうか?    (すみません。)



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食