• clinic94

無理せず増量していって大丈夫。

リラグルチド(ビクトーザ、サクセンダ)を日本人が、0.6mgから開始するのは、リスクがあります。少なくとも、もともとハイリスクがある糖尿病患者さんむけの治療薬としてさへも、0.3mgから開始するのが常識です。それを、0.6mgから開始して、意図的に、悪心、嘔吐を自覚させて薬効を感じさせるという方法は、危険な医療行為としかいいようがありません。0.6mgから開始していいのは、あくまで欧米人体型の人、つまり、およそ90kg以上の体重がある人であれば心配ないかと思います。それでも海外のデータでは脱落者がいます。


まして、50kg台や60kg台の女性に、ビクトーザかサクセンダを、0.6mgから開始している美容系クリニックが乱立しているようですが、危険きわまりない医療サービスと言えるでしょう。


ところで、時々、以下のような問い合わせがきます。


「注射2本目に入ったのですが、全然食べられなくて気持ち悪かったので、0、6に戻してみたりしてます。こんな使い方してても大丈夫ですか?

周りから「スッキリしてきれいになってきた!」と言われます!」


0.6mgから0.9mgに増量する時でも、同様に慎重に増量してください。個人差がとても大きいので、気分不快がおこったら、すぐさま元の量にもどし、2週間は、その量で維持してみてください。そのうちに、GLP1タキフィラキシーという現象が起こってきて、次は、0.9mgに増量できると思います。そのうち、0.6mgのままだと、再び、空腹感に襲われるようになり、効果がでにくくなり、元の体重にもどってしまうことでしょう。


周りから「スッキリしてきれいになってきた!」と言われます!」


ここまで言われるようになれば、焦る必要はありません。逆に、急激に「激やせ」すると、怪しまれます。ビクトーザは「劇薬指定」のお薬です。本来なら、糖尿病専門医が慎重に指導し処方するべき薬剤です。ですから、慎重に、慎重に無理しない程度に、増量していくことをお勧めします。



98回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食