• clinic94

体重は毎日計りましょう

糖尿病療養指導士ナースKです。今回は体重測定の意義についてお話しします。


ダイエット中は、まず体重増加を抑えたことを確認していきましょう。

日本肥満学会では、1日4回の体重測定を勧めています。

起床直後・就寝直前という生活リズムに直結した時間帯と、朝食直後・夕食直後という食事のリズムに直結した時間帯です。


非現実的と思えるかもしれませんが、できるだけ体重計に乗ってください。

重要なことは、体重計に乗る回数を増やすことで、食事内容・運動・行動パターンを振り返る機会が増えることです。「宴会で食べ過ぎた」「1日ダラダラ過ごしたかも」「夜更かしで夜食を…」などなど。

ギザギザな折れ線グラフになりますが、1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月と継続して、全体が右下がりのグラフになれば大成功です。


糖尿病外来でも、必ず体重を確認します。その時、よく聞かれるのが「今朝、家で計った体重と違う」という声です。

体重は1日の中でも微妙に変動します。食事・トイレ・発汗で簡単に増減しますし、計測時の環境が違えば、着衣や体重計の精度も同じではありません。


GLP1ダイエット外来でも、「まだ始めて1か月だから、結果を見るのが怖くて、計っていません」なんて声が聞かれます。もったいない限りです。


数字ばかりに一喜一憂しがちですが、体重を計ることで生活リズムを振り返り、目標に近づいていきましょう。


出典 肥満症ガイドライン2016 編集 日本肥満学会 ライフサイエンス出版



19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動療法の原則

糖尿病療養指導士ナースKです。今回は運動療法についてお話します。 皆さんの興味は、どれくらいの頻度と強度で運動すれば良いかということでしょう。 性別・年齢・減量目標などが違いますから、一言では難しいです。 ただ、継続することと強度が高いほど、効果があることははっきり しています。 以下は、運動療法プログラムの原則を抜粋しました。 ① ほぼ毎日(週5日以上)実施する。 ② 1日合計30~60分、週1

花粉症と肥満

糖尿病療養指導士ナースKです。今回は花粉症と肥満の関係についてお話しします。新型コロナウイルスのニュースで心配な毎日ですが、花粉症も本格的なシーズンとなり、つらい方も多いかと思います。 花粉症とカゼの合併もありますし、もしかしたら・・・と心配になってしまいます。この季節は、体調がすぐれない、外出したくない、自宅にこもると無駄に食べ過ぎるかも・・・と、悪循環です。せっかく頑張ってきたダイエットを挫折