• clinic94

体重は1日に1~2kgくらい変わりうる?

「 まちがいだらけのダイエット」の 連載


ある意味では正しい


人は生きていますから、少しの変化があるのは当然でしょう。普通の生活をしていても、食べた物の量、排泄物の量などによって、1日に500~1500gくらいの増減はあると考えられます(日差変動)。


特にアルコール類を飲んだその日は体重が増え、翌朝は脱水傾向となっているなど、体重は大きく変動します。


ある意味ではまちがい


毎日、一定の時間に、ほぼ同じ条件で体重を測っていれば、少しの変動があってもだいたい一定の体重の上下1.5kg位の幅の中に入っているはずです。


ただし、これが日ごとにプラスに変わっていくとすれば、日差変動だと見逃してはいけません。少し太り始めた時にすぐに対処して体重をもとに戻すことが、「肥満」のならないための大事なポイントです。



























出典 まちがいだらけのダイエット 鈴木吉彦 著 (株) 保健同人社 発行

最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま