• clinic94

病気のリスクを減らします。

糖尿病がなければ、心配なのが、動脈硬化です。特に、糖尿病予備軍といわれる人たちには、非常に効率に動脈硬化が進行します。まさか、自分には、動脈硬化なんて、縁がないだろうと思っている人でも、 以下のような要素が加わると、動脈硬化は間違いなく進展しています。


糖尿病予備軍(HbA1cが6%から6.4%くらい) 高脂血症 (LDLコレステロールが高い人、HDLコレステロールが低い人) 喫煙歴、本数が多い人


などが典型的です。他にも、さまざまな動脈硬化の促進因子はありますが、通常は、この3つで説明できることが多いものです。(ホモシステインなどを問題にする医師もいますが、通常の臨床では測定できません。)


糖尿病で動脈硬化が進むことはしっていても、「糖尿病予備軍」で動脈硬化が進むことは知らなかったという方は、かなり多いのではないでしょうか?


実は、糖尿病になるほうが、細小血管障害といって細い血管がおかされ、網膜症や腎症になりやすく、どちらかというと、糖尿病予備軍よりも、大血管障害が起こりにくいこともあるのです。逆に、糖尿病予備軍であるほうが、細小血管はおかされず、大血管障害がおこりやすいことが知られています。


ですから、将来、心筋梗塞、脳梗塞などが心配であれば、糖尿病予備軍の段階からの治療が必要になるわけです。


そして、糖尿病予備軍になりやすい要因には、過食、暴飲暴食、それによっておこる「肥満」があります。ですから、肥満の治療という、新しい治療コンセプトが、世界中でみなおされているのもそのためなのです。


GLP1ダイエットは、糖尿病予備軍を減らします。軽症糖尿病も減らします。 その意味では、最も上流を抑えて予防する医療サービスということになるわけです。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重