• clinic94

禁煙時の留意点。口寂しい時にGLP1ダイエット

最近、「肥満」は「喫煙」と同じ、という表現がなされるようになりました。つまり、肥満があると、喫煙と同じくらいに、デメリットしか、ない、ということを表現したものだろうと思います。


さて、では「喫煙」は、どのくらい体に悪いことなのでしょうか? まずは、3つの要素があります。


1.肺組織に対する影響 2.動脈硬化を促進させること 3.癌リスクを高めること


これらの中で、1については、「COPD 」(慢性閉塞性肺疾患)と呼ばれるように、典型的には、「肺気腫」のような病気になります。肺が空気をいれて膨らみますが、細胞レベルで壊れると、膨らんだ内容物質、つまり空気を外にだせなくなるわけです。その結果、肺は膨らみ続け、ちじみにくくなります。これが肺気腫です。空気を吸ったり、出したりすることが下手になりますから、十分な空気を、必要な時に吸えなくなります。それによって酸素不足になり、呼吸困難を起こすわけです。


2については、タバコをすうと、活性酸素が発生し、それがコレステロールに付着すると、血管の内皮という部分にはいりこみ、動脈硬化を促進するとされています。


3つについては、まずは、肺がんのリスクを高めます。かりに10年禁煙しても、禁煙してから10年はハイリスク群であるとされています。他にも、喫煙にともなう癌の発生が上昇する各種の癌があります。

特に、肺癌が怖いのであれば、ハイリスクになる70歳台までの10年前までには喫煙をされていたほうがよろしいでしょう。となると、50歳台での禁煙をお勧めいたします。


なお、禁煙した時の、最大の副作用は、「口さびしくなって」食べてしまうことです。

禁煙を契機にして「肥満になった」という人は少なくはありません。ですから、そういう時にこそ、GLP1ダイエットとの併用が望まれます



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食