• clinic94

栄養指導をうけたくなるGLP1ダイエット

生活習慣病の自己管理には、食事療法と運動療法が、必須です。

GLP1ダイエットを実行するにおいても、この原則は同じです。ただし、GLP1を注射していると、食事制限がしやすくなるだけです。だから、痩せます。


ですが、うっかりしていると、ついつい慣れが起こってきて、過食傾向になる人も少なくはありません。特に、正月や誕生日など、イベントがある時期には油断が起こりやすいものです。


血糖値がさがってきて、良好な血糖コントロールになると、ついつい油断して食べてしまう人も多いです。高血圧も同じですし、血圧がさがってしまうと、塩分摂取など気にしなくなります。


ですが、そういう時こそ、第3者に正しく注意し、正しい食事療法に戻してもらう人が必要になるわけです。それが、「栄養士」さんの役割です。


そういう需要を正しく認識している医師のもとには、必ず、管理栄養士が外来をもうけて、栄養指導を行っています。もし、あなたが、今後、長く生活習慣病で、外来受診を希望し、どんな医療施設がいいのか、どんなクリニックがいいのか、をお探しであれば、ぜひ、「しっかりした栄養指導をしてもらえる体制がある医師」を選択されてください。なお、管理栄養士は、普段から仕事があるわけではないので、常勤職員でなくても、かまわないと思います。


ダイエットが成功すれば、するほど、栄養士さんと相談したい、という人が増えるものです。糖尿病の臨床でも、GLP1ダイエットの臨床でも、同じ現象が認められます。

私たちが、食事療法の献立や外食の食べ方などのコンテンツを、無料開放しているのも、こういう発想法に立脚しています。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食