• clinic94

エストロゲンと、GLP1ダイエットとの密接な関係。

女性は動脈硬化になりにくいとされています。だから女性はコレステロールの上限目標値が仮に超えていても薬を飲まなくていいという医師もいるくらいです。


ところが、シニアになるとそうした女性の特典が現象してきてしまいます。


女性ホルモンの中心はエストロゲンというホルモンです。


エストロゲンは女性の初潮から閉経までに大量に体のなかに分泌されているホルモンです。


このエストロゲンはそれだけでコレステロールを下げてくれる作用があります。ですから女性が女性らしくある10代から50才くらいまでには心筋梗塞などの動脈硬化性疾患が少ないのです。


女性の体が男性になってしまうという意味は、女性ホルモンであるエストロゲンが加齢と共に欠如してくることによって男性は女性に比べてはるかに心筋梗塞になりやすい。


男性にはエストロゲンがありません。心筋梗塞を防ぐために機能しているのがエストロゲン。比率不明。女性の心筋梗塞は滅多にない。


なお、以前、「エストロゲンーGLP1受容体作動薬」という薬剤が開発されつつあるという話題をとりあげたことがあります。すると、GLP-1受容体作動薬だけでも、動脈硬化を予防する作用があります。かつ、そこに、エストロゲンが加われば、なおさら、動脈硬化を予防することでしょう。


さらに、更年期障害などで、肥満傾向になったら、圧倒的に、動脈硬化の予防薬として人気の薬剤として登場するかもしれません。(ただし、男性は使えるのでしょうか??)


なお、エストロゲンには、よい作用ばかりがあるとは限りません。エストロゲンが多いと、乳癌になりやすく、子宮癌になりやすい、とされているので、その点には、ご注意ください。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食