• clinic94

Up-Coming「抗肥満薬」マーケット again

国際糖尿病学会(IDF-WPR)にて、八木橋教授(元弘前大学教授)が実感し、驚きを隠せなかったそうです。なんと、国際的には世界中の糖尿病専門医たちが、血糖コントロールよりも減量を先に議論している姿を、見てしまったということで。国際学会にいった事がないと、この衝撃は理解できないことでしょう。それで、再度、新規にアップとしました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


将来、期待される、新たな抗肥満薬としては、


● 中枢性作動薬 (かつての、リモナバンのような薬剤。ただし、市販後に自殺例がでないことが条件となります。)


● 消化管ホルモンや、インクレチンを標的とした薬剤(現在、抗GIP/抗GLP1受容体作動薬が、イーライリリー社などから、開発され、治験のPhase 3の段階にまで、届いております。ただし、最初の発売は、まず、糖尿病治療薬としての発売と聞いています。)


● レプチン類似化合物


● GLP1と、グルカゴンとを、両方とも受容体に作用する新薬 (治験がなされているようです。ただし対象は脂肪肝をもつ人が対象のようです。)


これらは、あくまで大人を対象にした臨床研究が先行していますが、将来は、リラグリチドのように、思春期にまで、有効性があり、かつ、安全性が証明されるような、安心して長期間、継続できる薬剤が望ましいと考えられています。


以前にも、ブログにまとめましたが、再度、整理してみます。今後、抗肥満治療も、大きく変貌をとげていく事でしょう。


既存薬 (国際的に承認されている薬剤) 1.サクセンダ (一般名:リラグルチド) 2:ゼニカル  (一般名:オルリスタット)


厚労省の正式発売承認待ちの新薬 1.オゼンピック (一般名:セマグルチド)


治験が進行しているであろう新薬(一般名or 治験薬名 or 概念作用薬名) 1.GIP-GLP1受容体作動薬 (一般名:チマグルチド、イーライリリー社) 2:Glucagon-GLP1受容体作動薬 (Cotaglutide by AZT社 ) 3:Glucagon-GLP1受容体作動薬 (べーリンガー社) 4: 2週間に1回注射のGLP1受容体作動薬 (サノフィ社) 5:経口セマグルチド (ノボノルディスク社) 6:Glucagon-GLP1受容体作動薬 (韓国、Hanmi社) 7:Glucagon-GLP1受容体作動薬 (韓国) 8:1週間製剤の、GLP1受容体作用薬  (中国) 7:脂肪肝がとれるミトコンドリア新薬:イメグルミン(Poxel, 大日本住友製薬)


学会発表されている話題性のある新薬や治療法 (例) 1:エストロゲンーGLP1受容体作動薬 2:FGF21ーGLP1受容体作動薬 3:GIP/Glucagon/GLP1受容体作動薬 4:EndoBarrier治療法 5:アミラーゼ阻害&膵リパーゼ阻害剤



最新記事

すべて表示

Mixi に正式に参画、計画中

https://mixi.jp/home.pl 動画コンテンツや、日記などのブログcontentsは、あの懐かしいMIXIにまで、波及させていこうかな、と思っております。そのうちに、「コミュニティ」を作る予定です。 ぜひ、それができたら、ご案内いたします。 年内には、完成させる予定ですので、ご期待ください。 Mixiなんて、誰も使ってないんじゃないの? と、思われるかもしれませんが、ダイエットは基

インスタで、GLP1ダイエットを学習

インスタで、学習できるようにと、新たに、インスタ画面を作成しました。 主たる制作者は、当院の、GLP1担当ナースたちが作成していきます。 これまで、なかなか、インスタで系統的な学習をするというツールがなかったので、あえて、作成してみました。当院のナースが主体なので、応援のほど、よろしくお願いいたします。

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|