• clinic94

Up-Coming「抗肥満薬」マーケット again

国際糖尿病学会(IDF-WPR)にて、八木橋教授(元弘前大学教授)が実感し、驚きを隠せなかったそうです。なんと、国際的には世界中の糖尿病専門医たちが、血糖コントロールよりも減量を先に議論している姿を、見てしまったということで。国際学会にいった事がないと、この衝撃は理解できないことでしょう。それで、再度、新規にアップとしました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


将来、期待される、新たな抗肥満薬としては、


● 中枢性作動薬 (かつての、リモナバンのような薬剤。ただし、市販後に自殺例がでないことが条件となります。)


● 消化管ホルモンや、インクレチンを標的とした薬剤(現在、抗GIP/抗GLP1受容体作動薬が、イーライリリー社などから、開発され、治験のPhase 3の段階にまで、届いております。ただし、最初の発売は、まず、糖尿病治療薬としての発売と聞いています。)


● レプチン類似化合物


● GLP1と、グルカゴンとを、両方とも受容体に作用する新薬 (治験がなされているようです。ただし対象は脂肪肝をもつ人が対象のようです。)


これらは、あくまで大人を対象にした臨床研究が先行していますが、将来は、リラグリチドのように、思春期にまで、有効性があり、かつ、安全性が証明されるような、安心して長期間、継続できる薬剤が望ましいと考えられています。


以前にも、ブログにまとめましたが、再度、整理してみます。今後、抗肥満治療も、大きく変貌をとげていく事でしょう。


既存薬 (国際的に承認されている薬剤) 1.サクセンダ (一般名:リラグルチド) 2:ゼニカル  (一般名:オルリスタット)


厚労省の正式発売承認待ちの新薬 1.オゼンピック (一般名:セマグルチド)


治験が進行しているであろう新薬(一般名or 治験薬名 or 概念作用薬名) 1.GIP-GLP1受容体作動薬 (一般名:チマグルチド、イーライリリー社) 2:Glucagon-GLP1受容体作動薬 (Cotaglutide by AZT社 ) 3:Glucagon-GLP1受容体作動薬 (べーリンガー社) 4: 2週間に1回注射のGLP1受容体作動薬 (サノフィ社) 5:経口セマグルチド (ノボノルディスク社) 6:Glucagon-GLP1受容体作動薬 (韓国、Hanmi社) 7:Glucagon-GLP1受容体作動薬 (韓国) 8:1週間製剤の、GLP1受容体作用薬  (中国) 7:脂肪肝がとれるミトコンドリア新薬:イメグルミン(Poxel, 大日本住友製薬)


学会発表されている話題性のある新薬や治療法 (例) 1:エストロゲンーGLP1受容体作動薬 2:FGF21ーGLP1受容体作動薬 3:GIP/Glucagon/GLP1受容体作動薬 4:EndoBarrier治療法 5:アミラーゼ阻害&膵リパーゼ阻害剤



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食