• clinic94

某総合病院の女医さんが、御薦め

糖尿病対策としてGLP-1ダイエットを望む人が多い! | 某総合病院に勤める女医の徒然日記 http://www.fronteradesalud.org/work-record/glp1-diet-tounyoubyou-taisaku/

このブログは、昔のブログ記事であるにもかかわらず、Google検索上位になってきて、最後に、私たちのホームページが紹介されるようになってきました。だんだんと「本物主義」が浸透してきたからでしょうか?


私たちのGLP1ダイエット外来には、本当に、医療関係者と呼ばれる方々が多いです。

女医さん、薬剤師さん、ナース、介護士さん、ケアマネ、時には美容外科医師、そのものが、訪問してくださいます。


美容外科医師から「痩せたいです」と相談された時の気持ちは、かなり複雑でした!


でも、同業者から高い支持を得ているというのは、正しいことをしていることの「証」のようなものなので、やはり、このまま、のスタイルで、良心的な価格と医療サービスを継続していきたいと考えています。


普通の世界では、そういう良心的なサービスのほうが、長続きするはず、と、私たち、スタッフは、そう考えておりますので。だって、ダイエットは、長丁場で時間がかかる医療行為ですし。巷で散見する、「2週間でー10kg痩せました!」という宣伝は、「2週間で+10kg増えます」という宣伝に思えてしまうくらいです。


時間がかかって短期決戦では終わらない、という意味においては、肥満治療は、他の慢性疾患(糖尿病、高血圧、高脂血症など)などの治療と、その意味では同じではないか、と、ふと考える時があります。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食