• clinic94

ビタミンB₂が不足すると、こんな症状が出ます。

「 完璧活用 ビタミン BOOK 」の 連載


ビタミンB₂が不足がちになると、細胞の呼吸がうまくいかず、皮膚や粘膜に炎症が起きます。具体的には、まずニキビなどの皮膚炎が身近な欠乏症としてあげられます。また、口や唇の病気を起こします。唇が荒れたり、赤くむけたり、口角炎(口の端が切れる)になったりしますし、舌が荒れたり、口内炎で口の中がヒリヒリしたりします。


さらに、肛門や膣に炎症を起こし、かゆくなったり、ただれたり、痛んだりします。

眼も同様で、ゴロゴロしたり、チカチカしたり、目やにが出たり、黒目の周りが充血したりします。これらの症状と関連しますが、いろいろな湿疹や皮膚炎がある人では、血液中のビタミンB₂が減っていることもわかっています。 なお、このビタミンB₂は、B₆とともに、最近その重要性が叫ばれるようになっています。それというのも、私たち日本人の食生活の傾向が、近ごろ大きく変化したため。ご飯を中心とした糖質の摂取量が減り、かわりに脂肪やタンパク質の量が増えてきたのです。

そこで、脂肪の代謝に必要なB₂と、タンパク質の代謝に必要なB₆をたくさんとる必要が高まってきたというわけです。


出典 完璧活用 ビタミン BOOK  鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食