• clinic94

サクセンダ vs バイエッタ

ビクトーザで1日1.8mgでも、サクセンダで1日2.4mgでも食欲が低下しないが、バイエッタの10μgなら、ぎりぎり食欲が低下して、むかむか感がある分、食べられない。


やせられる。時にはサクセンダ1日3.0mgよりもバイエッタが欲しいと言われる受診者の方もおられます。


そこには個人差が非常に多いものです。バイエッタは、米国ではオフラベルドラッグとして時に抗肥満治療薬として利用される事があるのも納得です。


バイエッタは、一般向けのダイエット薬としては、発売当初は、もてはやされたものの、 今はタキフィラキシーが少ないところが欠点と考えられていました。


つまり、胃での排出を持続的に抑えます。ビクトーザやサクセンダは、次第にむかつきは消えたり軽減しますが、バイエッタは軽減しにくいのです(GLP1タキフィラキシーがないからです)。ですが、それが「いい!」という患者さんは少なくはありません。


1日2回が煩雑を考える人も多いが、減量を考えた場合は1日2回だからこそ、いい、と考えるべきです。ビクトーザも2回注射をお薦めする事があるのは、バイエッタの処方経験がいきています。


当院ではサクセンダ1日3.0mg1回注射でも食欲が増してしまって体重が減らないという場合や、サクセンダで薬疹がでてしまう場合にかぎり、バイエッタをお薦めする場合があります。個人差の問題ですが、かなり著効した患者さんも、おられます。ただし、バイエッタは作用時間が短いのが欠点です。下手すると、1日3回、注射をしないと食欲が収まらないという場合もあり、結局は、サクセンダ3.0mgに戻るというケースもあります。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重