• clinic94

飲酒の強さは女性らしさと遺伝子に左右される!

飲酒の習慣があると、GLP1ダイエットの効果は期待しにくい傾向があります。


サクセンダを注射していたとしても、もし、ワイングラス2杯を飲めば、その時点くらいから、抑えられていた食欲中枢に対してブレーキが外れ、アクセルに変わってしまう自分に気がつきます。


幸い、ダイエットを希望する人には、女性が多く、お酒が弱い女性が多いので、この点は問題ない女性が多いのではないか、と思います。


男性より女性のほうが、何故、お酒が弱いか、については、遺伝子検査で理由を説明することができます。


女性は、エストロゲンというホルモンが多く分泌されています。その女性ホルモンは、ADH2(alcohol dehydrogenase 2)という、細胞質内にあるアルコール分解酵素の活性を亢進させる作用があります。ADH2の活性が亢進すると、アルコールがアセトアルデヒドになる速度が高まり、気分が悪くなりやすいのです。つまり女性ホルモンである、エストロゲンがでている女性ほど、お酒が弱いということになります。


そこに、ミトコンドリア内にある、ALDH2 (aldehyde dehydrogenase 2)というアルデヒド分解酵素を作る機序に、遺伝子多型をもっていて、その酵素が非活性型だと、下戸になります。つまり、女性は女性らしいほど下戸になりやすい傾向があるのです。


なお、この遺伝子多型についての解説は、https://www.iryoo.style/に紹介してありますので、ぜひ、ご覧下さい。



191回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食