• clinic94

ビクトーザは導入用、サクセンダは真の抗肥満治療用

ビクトーザは、糖尿病治療用のペンで、中にあるのは、リラグルチドという薬剤です。


サクセンダは、肥満治療用のペンで、中にあるのは、同じく、リラグルチドという薬剤です。名称は違えど、中に含まれている薬剤は、どちらも同じ「リラグルチド」です。


つまり、どちらも「リラグルチド」という、GLP1受容体作動薬、つまり、GLP1を高濃度にするために体内に血中濃度を維持するための薬剤を投薬します。


ただし、ビクトーザは、ダイヤルの目盛が、0.3mgから開始し、0.3mgづつ増量できる処方に合わせて、目盛は、0.3mg、0.6mg、0.9mg、1.2mg、1.5mg、1.8mgという目盛表示があり、その表示までダイヤルを回し自己注射します。


サクセンダは、ダイヤルの目盛が、0。6mgから開始し、0.6mgづつ増量でき、目盛は、0.6mg、1.2mg、1.8mg、2.4mg、3.0mgという目盛表示があり、その表示までダイヤルを回し自己注射します。


通常、「リラグルチド」は、少量から投与するのが原則とされています。0.6mgから投薬するのは、小柄な日本人には危険とされています。特に日本人においては、体型が欧米人より小さい、例えば、170cm未満の日本人においては、0.3mgから投薬するのが普通です。糖尿病臨床においては、体型に関係なく、0.3mgから開始する事が義務づけられています。


「サクセンダ」は、欧米人(体重100kgを越える体格)に対しては、0.6mg から投薬開始する事が原則とされ、論文もあります。通常、小柄な日本人において、0.6mgから投薬開始するのは、危険であろうと、私たちは考えていますので、最初に「リラグルチド」を投薬する場合には、サクセンダから開始する手法をお薦めしておりません。


つまり、「リラグルチド」を投薬するためには、最初は、「ビクトーザ」のペン注射器を用いて、0.3mgから開始し、徐々に、1.8mgまで増量していく方法を、オリジナルで考え、より安全な方法としてお薦めしています。


GLP1メディカルダイエット、という表現をしている医療施設が多くありますが、そういう正式な用語はありません。あくまで、GLP1ダイエット、つまりGLP1を用いたダイエットであるのが当然です。メディカルという呼称を入れるのは、必ず「医師の処方のもと」で、受けなくてはいけないから、あえて、「メディカル」という呼称を、多くの医師達がとりいれているのでしょう。


しかし、大事なのは、「メディカル」という用語では全くなく、どうやったら「安全に」、かつ「有効性を担保しつつ」、ダイエットができるのか、その臨床的な手腕が社会には必要とされています。


従って、私たちは、GLP1ダイエットプラクティス、つまり「プラクティス」(臨床という意味)を追加し、他のダイエットと区別し呼んでいます。


「リラグルチド」は「劇薬指定」の薬剤です。これまで「糖尿病治療」にすら用いた事がない素人が、指導するべき薬剤ではありません。ビクトーザを指導する権利があるのは、医師かナースか薬剤師だけのはずです。


したがって、私たちは、「リラグルチド」を初期導入用として用いる場合には、「ビクトーザ」というペン注射器を使い、慎重に、0.3mgづつ増量していきます。そして、1日投与量が1.8mgにまで到達したら、その時に「サクセンダ」というペン注射器に切り替えるという、独自の「臨床術」(プラクティス)を、ご提案してきました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ここまで説明した内容が「難しい!」とお考えの方は、ぜひ、フリーダイヤルか、メールにてお問い合わせください。あるいは、診療の際に詳しくご説明させていただきます。


フリーダイヤルは、0120954833 まで。

メールは、info@glp1.com まで。

どちらも「無料電話」ですし、メールも「無料」で、ご相談いただけます。


なお、古いビクトーザのペンは最大投薬量が0.9mgまででしたが、新しいビクトーザのペンは、最大投薬量が、1.8mgまでと「変更」されております。


サクセンダを用いず、ビクトーザだけで健常人が痩せると唄っている医療系施設は、糖尿病治療の経験もなく、自由診療だからといって危険も顧みず、危ない臨床行為を広めている美容系クリニックが、ほとんどのようです。


また世界各国で承認されている投薬方法は、「サクセンダ」です。それを、世界各国で承認されている投薬方法があるという宣伝広告をしながら、実際に「ビクトーザ」を処方している医療系施設の広告宣伝は、いかがなものでしょう? 医学的には正しくないはずです。





こういう美容系医師の比較表ほど、医学的に正しくない比較サイトはない、と言えるようです。まったくの誤りと言えるでしょう。



137回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食