• clinic94

断食道場は不要になる?

「断食道場に行ってきました。」といって、ー20kgのダイエットに成功した肥満患者さんが、昔、私の外来にいました。その当時は、約100万円近いお金を払って人里離れたお寺で、日々、精進料理を食べ廊下のぞうきんがけ運動をして痩せたそうです。残念ながら、その後、リバウンドし約100万円近い投資は無駄になってしまっていました。


今でも、断食道場、で、Google 検索すると、断食ホテル、という名称にかわっていたりしてます。プチ断食をみたら、4泊で79,920円(税込み)〜です。今は100万円はしなさそうです。これなら、GLP1受容体作動薬、サクセンダなら3本分になります。当院では、それで8万円です。ほぼ同額です。


サクセンダ3本あれば、ほぼ毎日、1.8mgの注射をしても1ヶ月は持ちます。3.0mgを注射しても18日は維持できます


ホテル4泊よりは、はるかに断食に近い状態を長く維持できるという意味では、GLP1ダイエットのほうが、お得だし確実です。


いずれにしても、日本人体型で、サクセンダが1.8mgから3.0mgあれば、そこそこの断食と同様の状態はできるわけです。時間も有意義に使えます。コスパは、従来の断食道場より高いと思われます。


GLP1ダイエットが広がると旧来の断食道場の存在を脅かすことになることでしょう。自宅で断食道場とほぼ同然の状態を作れるとは、昔は考えもしなかったことでした。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食