• clinic94

メトフォルミン:オフラベルドラッグNo.1人気の薬

メトフォルミンは、インスリン抵抗性を改善します。主たる作用は肝臓からの糖新生(ブドウ糖を創り、血液中に送り出す)を抑制する作用をもっている、、それだけ、覚えていただければ大丈夫です。


なんと米国では、ダイエット薬剤としては、No.1 人気のオフラベルドラッグです。下図は、2019年、アメリカ糖尿病学会での発表されたNYCでの、ダイエット薬剤の順位です。

もし、GLP1受容体作動薬とメトフォルミンとの併用がきいたとしたら、どちらも、食欲を抑え血糖値をあげないので、さらなるダイエットができます。糖尿病臨床では、よく利用する臨床術です。


メトフォルミンで、インスリン抵抗性を改善する分、高インスリン血症にはなりにくいので脂肪の分解を抑えてくれる血液中のインスリンが減れば脂肪は分解しやすくなり、痩せる方向へと進みやすくなります。


さらに、

サクセンダやビクトーザで便秘になっていても、メトフォルミンを服用すると便通が改善することもあります。普通便になります。その点でも相性のよい併用法です。


このレベルになると、糖尿病臨床医師のプロフェッショナルの処方は、「技」の閾にはいってきます。


ただし、個人によってメトフォルミンは気分不快が強くでる薬剤です。脱力感を伴う人もいます。軟便にはなりますが腹痛を伴うという危険があります。このため、やせる作用は持っていてもメリットよりデメリットのほうが多いかもしれません。


糖尿病であれば、血糖値をさげるというメリットは大きいのですが、一般肥満人には、それはメリットではないからデメリットのほうが多くなる事があります。だから、糖尿病治療薬としてしか承認されていません。



最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま