• clinic94

オルリスタット(商品名:オルリファスト)、肯定派

おならをすると失便してしまうような、膵リパーゼ阻害剤、オルリスタット、商品名は「オルリスタット」あるいは「ゼニカル」「オルリファスト」は肯定派なのですか? という質問されると、「はい、肯定派」です。と答えます。


なぜならば、オルリスタット(商品名:オルリファストや、ゼニカル)は、日本では発売されていませんが、アメリカ、ドイツ、中国、台湾などでは、薬局で容易に誰もが購入できる薬だからです。


世界的視点からみれば、オルリスタット(オルリファスト、ゼニカル)を否定しているのは、日本の厚労省だけです。 世界の標準では「抗肥満治療薬」として認定してます。特にGLP1ダイエットに併用するオプションとしては、推奨されています。


例えば、

The NICE guideline on identifying, assessing and managing obesity (2014) recommends considering pharmacological treatment for people who have not reached their target weight loss or have reached a plateau on dietary, activity and behavioural changes. The guideline recommends orlistat as a pharmacological treatment option only as part of a weight management plan in adults who are obese or have a BMI of 28 kg/m2 or more with associated risk factors, such as type 2 diabetes.という記載があります。

2014年のNICE(National Institue for Health and Care Excellence ) nice.org.uk/guidance/es14 という英国から示されたガイドラインです。



サクセンダやビクトーザとオルリスタットとは、違う機序で作用するため、どちらの効果をも邪魔しない点も優れている点です。それどころか、サクセンダやビクトーザでは便秘になりがちになります。それに対し、オルリスタットは脂肪便にし、軟便にしてくれるので便秘解消に役立つのです。つまり併用すると互いの欠点を消し合う作用があるのです。


日本では、そうした臨床的な薬剤間同士の相性を考えて、処方する医師は少ないみたいです。内科医としては、配合剤を処方する時のように、二つの薬剤を組み合わせることで、より確実な効果を期待できるようにという意向なわけです。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食