• clinic94

とりにくいビタミンB₂を上手にとるコツ

「 完璧活用 ビタミン BOOK 」の 連載


日常の食生活でB₂をとるのに一番有利なのはレバーです。しかし、その匂いのせいで嫌いな人が多いのも確か。となると、上手にB₂をとるには、比較的B₂を含んでいる食品をバランス良く食べるしか手はありません。


卵、納豆、いわし、さば、さんま、しいたけ、緑黄色野菜など身近な食品を、毎日欠かさず食卓にのせるようにするのです。これらの食品の保存や調理にも注意が必要です。


B₂は光に弱いので、緑黄色野菜を保存するときには必ず暗い所に。またB₂は水に溶けやすいので、細かく切ってから水で洗うと減ってしまいます。さらに、長く煮ると、煮汁に溶け出してしまうので、煮含めたり、煮汁も飲むようにすることもポイントです。


出典 完璧活用 ビタミン BOOK  鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行





最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食