• clinic94

手技は簡単。でも理解は難しい。だから漫画

GLP1製剤を利用して「痩せる」「減量する」という事自体は、難しくはありません。

自宅でできますし、時間も1,2分で終わります。だから手技は簡単であるため、多くの美容外科医師達が、見よう見まねでGLP1ダイエットを始めたのだろうと思います。特に、自分で注射してみたらこうだった、という発言が多いのは、かなりの時代遅れ。ビクトーザが発売されてから6年以上は経過しているからです。


でも、実際に体重が減ってくると、どこまで減るのか、どこで、どういうように用量調整したらいいのか、は難しい問題となります。医師のみならず、患者さん側の理解力も高くなくては、実現はできません。ですから、患者さん側への理解力を高めるための努力として、こうやってSNSを活用してます。


ですが、どうしても文字情報だけでは、、、ついていけない、という方も少なくはありません。昔でしたら、イラストが沢山、あったほうがわかりやすいという書籍もありました。その意味で、漫画を利用してみようと考えついたわけです。


ホルモン、代謝、という話は実は難しく、内科医の中でも理詰めで考えられる医師しかついていけない領域でもあります。ですが、あえて、それをわかりやすくしたのが、最近、ご紹介している4コマ動画なのです。サイエンスの水準は、決して下げてはおりません。糖尿病専門医の私が原作。糖尿病療養指導士が漫画作成。と、その道のプロが制作に携わっておりますので。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食