• clinic94

今、世界の糖尿病治療の最先端をキャッチアップ

今朝、アメリカ糖尿病学会から送られてきたメールの内容です。今月号のDiabetes Care、アメリカ糖尿病学会雑誌のトピックスは、


1.脂肪肝 2.Closed Loop Insulin pump 3.  ディジタルアプリ(治療に必要なデジタル教育やツールなど)

などでした。


私がとりあげた、抗肥満薬で脂肪肝をとるアイディアや、Closed Loop pumpのアイディア、さらには、こうしたSNSやサイトを利用したデジタル患者教育が、やはり世界の最先端の話題になっているようです。今後も世界の最先端をキャッチアップしていこうと考えます。読者の皆さんのみならず、当院の糖尿病療養士スタッフたちへの「学習」にも役立っています。


鈴木吉彦


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Diabetes Care Welcomes 2020 With New Special-Topic Collections and Updated Guidance for Clinical Practice

Diabetes Care, the premier clinical research journal of the American Diabetes Association® (ADA), is ushering in 2020 with two timely special-topic article collections, important updates to key clinical practice guidelines, and a new consensus report on diabetes digital applications (apps).

A special-topic collection in the February issue focuses on nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD). Its centerpiece is an article presenting staggering results from the most comprehensive effort to date to quantify the clinical and economic burden of liver disease in people with type 2 diabetes. The overall prevalence of NAFLD is estimated to be >70%, affecting >18 million patients with type 2 diabetes, and the 20-year economic burden from the subgroup having both prevalent nonalcoholic steatohepatitis (the more severe form of NAFLD) and type 2 diabetes is estimated at $642 billion. Other articles in the collection examine the effects of exercise on liver fat in children, the sodium–glucose cotransporter 2 inhibitor empagliflozin as a potential treatment for fatty liver in type 2 diabetes, and an evaluation showing the shortcomings of all current diagnostic panels and plasma biomarkers used to identify NAFLD.

Continuous glucose monitoring (CGM) in type 1 diabetes is the topic of another special collection, published in the January issue. These articles address questions such as who stands to benefit most from CGM use, when and how best to implement it, and which outcomes are most crucial to monitor and improve. The collection includes three descriptions of CGM experiences in diverse populations, three reports describing research applications of CGM, and an article of great interest showing that CGM use can substantially reduce hyperglycemia without increasing the risk of severe hypoglycemia in adults with type 1 diabetes.

An ADA/European Association for the Study of Diabetes (EASD) consensus report on digital diabetes apps was also published in the January issue of Diabetes Care. This statement reviews the current landscape of digital apps for diabetes and the lack of oversight and regulation of such programs. The statement brings to light several important issues that the greater diabetes community needs to address to ensure the safety and success of diabetes-related apps and recommends actions to resolve some of the current problems.



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食