• clinic94

ビタミンB₆の1日の所要量と多く含まれている食品

「 完璧活用 ビタミン BOOK 」の 連載


ビタミンB₆は、めったに欠乏症を起こさないといわれるため、日本では1日の所要量が決められていません。ただ、アメリカで決められた所要量によると、男性と女性、年齢差、それに妊婦か授乳婦かによる多少の量の違いはあるにしても、19歳以上の所要量は、1.6~2.2mgとなっています。


なお、B₆は水溶性であるB群のビタミンとしては珍しく、過剰症があります。臨床実験による過剰の目安量は、1日100mg以上といわれ、症状として手足の感覚がなくなるといった末梢神経障害を起こします。ビタミンB₆が多く含まれている代表的な食品として、下に示したようなものがあります。


出典 完璧活用 ビタミン BOOK  鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行











最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重