• clinic94

サクセンダ3.0mgから見える景色(5)

GLP1の作用が究極に効果を示すと 以下のような生活習慣にかわっていきます。その第5弾です。


まず、多少なりとも1日の中では、食欲はある。でも、もの足りないな、と思うのを、我慢ができるようになっていきます。


我慢しない時もあるますが、その回数が減ります。

以前は、我慢できなくて、ブレーキがきかなかった自分が、自然と、ブレーキがききやすい体質に生まれ変わっていきます。


運動は、体重が落ちないのが、やや悔しい感じがあります。やはり、運動することは必須であることがわかります。


ただし、運動した後は、お腹はすくけど、我慢ができるようになっていきます。その分、運動が好きになっていくはずです。


全体として、すこしづつ我慢ができる自分を作れるようになってきます。


肉を食べないと、体重は落ちてくる感じがしてきます。よって、蛋白質は意識的にとるようになります。牛乳、豆腐、納豆などを積極的に摂取するようになります。


油ものは、もともと好きな方が肥満している人が多いのは当然です。ですが、それが嗜好がかわります。なるべく、油ものは、食べないように、なってきます。


炭水化物は、なかなか減らしにくいのが実情です。胃酸が増えても、炭水化物系は消化されやすいからでしょう。


食べやすい炭水化物や糖質は、もともと、好きなので、そこは、なかなか減りにくいのは、しかたがないかもしれない。ただ、炭水化物さへ減らせば、もっと、体重は減るだろうということは意識できるし、それは、いつでも、やろうと思えばやれる、つまり、体重を減らそうと思えば、いつでも減らせるという自信がついてくる。体重が増えるという気持ちには、まったくならない。


米は、食べれば食べただけ、体重にはねかえることがわかるが、それは、わかっているので制御できる。お茶碗のサイズを変えればいいのかもしれない。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


PS. サクセンダ3.0mgにすると、こんな風景がみえてくるようになります。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重